返済総額が安い元金均等払い

元金均等払いとは、借入金の返済方法のひとつです。
通常、事業者向けの融資の場合、この返済方法が採用されているケースが多いようです。
毎月返済する元金部分を一定にし、合わせてその元金にかかる利息を支払うやり方です。
元金が多ければ利息も多いので、最初のうちは支払金額が多くなります。
しかし、徐々に利息の分だけ毎月の返済額が減っていきます。
特に100万円以上の借り入れを行う時は金利に対してシビアに考えてください。
もちろん、3万でも5万でも同じですが、高額になればなるほどシビアに見るべきです。

元金均等払いのメリット

この方法のメリットは、同じ金利という条件下だと、
元利均等払いと比べて返済総額が安くなることです。
元利金等払いとは、毎月の返済額が一定額の支払い方法をいいます。
この場合、当初は利息部分の負担が多く、元金の減り方は緩やかになってしまいます。
元金がなかなか減らない分、支払う利息が多くなってしまうわけです。
そういう意味では、元金均等払いは借入金が多ければ多いほど、
お得度も大きくなるといえるでしょう。

また、返済の中期以降は余裕を持って返していけます。
逆に、当初の返済額が大きいということは、収入が一定の人には無視できない
負担となってしまい、返済計画が立てづらいというデメリットもあります。
実際には使いにくい返済方法とも考えられます。

近年では元金均等ステップ償還方式も増えている

近年では、元金均等払いの応用編である元金均等ステップ償還方式も増えてきています。
返済期間を二つに分けることで、元金の返済額に変化をつけるのです。
多くの場合、前半に元金の返済を少なめにして負担を減らします。
いずれにしても、早く、安く借金を返したい人には、
元金均等払いは魅力的な返済方法といえるようです。