ネットキャッシングという言葉の意味

ネットキャッシングというのは、インターネットを活用して
キャッシングをするという意味です。
特定の金融機関のサービス名ではありませんし、
厳密に定義づけられた金融の用語でもありません。
どちらかというと曖昧に用いられている言葉だと言えるでしょう。

狭い意味で考えれば、カードローンのようにカードを利用することなく、
また店舗の窓口に行く事もなく、インターネット上で借り入れのできるサービスが
ネットキャッシングだと言えるでしょう。
もう少し広く考えた場合には、インターネット上で様々な手続きを
行う事ができるキャッシングだと言えます。

ネット上で手続きを行えるキャッシング

最近では、ネットキャッシングとして提供されているものではなくても、
インターネット上で色々な手続きを行う事ができるようになっています。

例えば、カードローンとしてカードを使うものであっても、
インターネット上で残高を確認できたり、他にも色々な手続きを行えたりしますから、
これもネットキャッシングのサービスだと言っても良いでしょう。
クレジットカード会社の中にもインターネット上で
サービスを提供しているものもあります。
クレジットカードのキャッシング機能の様々な手続きをインターネット上で
行う事ができるようになっているのです。
このように、インターネットを活用しないキャッシングのサービスのほうが
珍しくなってきていますから、広い意味で言えばネットキャッシングが
主流になってきているとも言えるでしょう。