消費者金融で100万円以上の借入を行う時

100万円の場合最大で年率15%の利息

消費者金融で100万円以上の借入を行う時は
最大で15.0%の年率で利息負担がかかります。

利息制限方があるので、昔の消費者金融のように29.2%、
延滞時40.0%というような高金利にはならず、
100万円以下の借入でも18.0%、延滞時20.0%という感じで
利息を取る上限枠が決まっています。

収入証明書が必要になる

小口のキャッシングを行う時なら申込み審査の時に必要な書類は
運転免許証だけで良いですが、100万円の借入になってくると
収入証明書の提出が必須になってきます。
詳しい審査内容や注意点については安心してキャッシングできるネットローン審査にのっている
内容が参考になるでしょう。

状況に合わせて銀行と消費者金融を検討する

15.0%と聞くと、昔の高利貸しと呼ばれた消費者金融の頃と比べたら
随分小さい利息ですが、かなり大きな額になります。

年率15.0%でも返済期間が長びくとキツい負担になりますから、
必ず返済の計画を練ってから利用したいものです。

銀行でキャッシングした方が利息負担は小さくなります、
しかし審査は厳しくなるので借りる事が出来ない場合は審査が比較的緩めの
消費者金融を利用するのも良いです。

キャッシングする際は必ず返済シミュレーションをする

必ずキャッシングを行った時は、返済シュミレーションを行うようにします。
自分に入ってくる収入と、毎月の負担額を照らし合わせながら、
生活の負担にならない範疇がどの程度かを割り出す必要があります、
借金返済に全てを注ぎ込むような計画では途中で予定が狂う事もあります、
余裕を持った返済計画をシュミレーションを通して行うのが望ましいです。

100万円を消費者金融で借り入れるとなれば、かなりの負担を覚悟しなければなりません。
追加での借り入れが必要となったりすると、みるみるうちに借入額が大きく
膨れ上がってしまうケースが多々あります。
そうなってしまうと、返済のための借金をしなければならなくなり、
複数社からの借り入れ、つまり多重債務の状態に陥ってしまいます。

大きな借入になる程、返済時にリスクも大きくなるので慎重に判断しましょう。